ユニオンインペリアルのストレートチップ

今日のお題はユニオンインペリアルのストレートチップの巻。

今回は自分記録用のネタですので悪しからず。


革靴のなかでもっとも万能でフォーマルにも使える内羽根ストレートチップ。

なのですが、私はまだ一足しか持っていなくて、それも1999年に買ったジョンストン&
マーフィーの18年モノ。
これも誰かさんのゲコタよろしくかなりの年季モノなので、一足はちゃんとしたのをと思い、
探し始めました。

ですが、、、これまたいろんなメーカーさんから出ているし、見た目はほとんど同じなので、
はっきり言って、10数万円のやつと3万円のやつは区別つきません(笑)。

さらに同じ価格帯だと、どれにするか迷いたい放題です。

でも、、、履いてみると、、、違うんですね〜。
いい、わるいではなくて、自分の足に合うかどうか。
ヤンコ、スコッチグレイン、シェットランドフォックス、ユニオンインペリアルと履いてみて、
一番足にフィットしたのを買いました。

それが、ユニオンインペリアルのU1520。サイズは7。
DSCF2507.jpg


つま先から指の付け根のあたりが低いでしょ?この形が私の足に合うようです。
DSCF2515_20170719075503d35.jpg


ちなみにメイドインジャパンです。輸入革靴は関税がかかってくるので、同じ値段の国産と輸
入物なら、国産のほうがいい素材を使うことができるとも言えます。
DSCF2508.jpg


ユニオンインペリアルのプレミアムラインは9割がた手縫いだそうで、中敷が薄くてはき心地が
変わりにくいそうです。
DSCF2511.jpg


革ソールに綺麗な刻印が押されてますが、3回も履けばなくなるでしょう(もったいない)。
DSCF2512.jpg


ヒールはちょっと絞ってあるようです。
DSCF2513.jpg


ということで、ユニオンインペリアルとしては5年前に買ったダブルモンク(もちろん現役)以来
の2足目。

まあ、これが内羽根ストレートチップの最後の靴になるのでしょう。残りのサラリーマン人生を考
えると、十分最後まで持つ気がします。
でも、一度は履いてみたいエドワードグリーン。。。
ま、買えないだろうな〜。。。


気を取り直しまして、、、こいつはしっかり晴れた日におろすことにしましょう。

自己満足ネタでした。
おしまい。

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: