ケルヒャー修理

今日のお題はケルヒャー修理の巻。

ちょっと前から洗車で使っているケルヒャーの高圧洗浄機が動かなくなってしまい、自分で治
せればとおもって、開けてみることにしました。

これが私の使っているケルヒャー。もう13年使ってます。
DSCF2529.jpg
泥しぶきとかがかかった時に、本体に高圧洗浄をかけた(笑)こともありますが、それがいけ
なかったんでしょうかね?

中がどうなってるのか、知ってる人少ないんではないでしょうか?





というわけで、トルクスのネジを6本緩めるとカバーが外れました。
DSCF2530.jpg
本体は内部カバーに覆われていました。

そのカバーは爪でひっかかっているだけなので、めくれば外せました。
DSCF2531.jpg
ほう、こうなっとるんかい。

さっぱりわからん。

とりあえず、私にできることは配線の端子にスプレーすることくらいでした。

仕方なく、元に組み上げて、動かしてみると、、、


動きました!


なんだったんでしょうかね?

端子の錆も少しは影響してたのかな?


ってことで、修理とはいえない作業でしたが、内部構造もみれたので、良しとしましょう。


いや〜、よかったよかった。


おしまい。

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック: